Japanese English Italian Spanish French German
HOME > 新着情報 > レース情報

新着情報

CIK/FIA EUROPEAN CHAMPIONSHIP KZクラスのシリーズチャンピオンを獲得しました!

web_ban_20170612_eurochamp.jpgCIK-FIA EUROPEAN CHAMPS KZ,
OK, OKJ
が6月9日から11日まで Circuito Fernando Alonso(スペイン)で開催され、KZクラスにおいて Paolo De conto選手(CRG/TM)が見事なレース運びで優勝、開幕から3連勝で最終戦を残し2017 European KZ Championを獲得しました! 2016にワールドチャンピオンを獲得したDeConto選手は、自身3度目のヨーロッパチャンピオン獲得となりました。 5位にはStan.Pex選手が入賞。
大荒れとなったOKクラスは、2位にTom.Joyner選手(Zanardi)、4位にGlenn. ThomasVan Berlo選手が入賞。 終盤まで2番手争いをしていたFlavio.Camponeschi選手はファイナルラップにストップ、惜しくもリタイアとなってしまいました。
OKJクラスは、Mattia.Michelotto選手(Zanardi)が優勝、5位にHugo.Sasse選手が入賞しました。

各クラスのリザルトはこちらから → KZOKOKJ

レース動画はこちらから

CRG Race Report
CIK-FIA European Championship, Circuito Alonso: De Conto (KZ) win the finals (tkart)

その他の情報はCIK/FIA公式サイトまたはCIK/FIA Championships公式サイトご確認いただけます。



2017.06.12

全日本 OK、FS、地方、ジュニア 東地区 本庄 6.4 ギャラリー アップしました。

20170604_178_s.jpg6月3-4日に本庄サーキットにて開催されました"2017 オートバックス全日本カート選手権 OK 第3戦/ 第4戦、 全日本カート選手権 FS-125、ジュニアカート選手権 FP-Jr, FP-Jr Cadets 東 第2戦"  ギャラリー(1)(2)(3) アップしました。

各クラスのリザルトはこちら(全日本カート選手権オフィシャルサイト)からまたは本庄サーキットから

レース動画は、こちらから(racingkartweb)
レースレポートは、こちらから(オートバックス全日本カート選手権)
全日本カート選手権の最新情報は、全日本カート選手権オフィシャルサイトでもご確認いただけます。
BRIDGESTONEPレースレポート
DUNLOPレースレポート
YOKOHAMAレースレポート



2017.06.11

CRG NEWS MAGAZINEが創刊されました。

crg_web_mag.jpg本年よりイタリアのCRG社からWEB版のCRG NEWS MAGAZINEが創刊されました。
レース情報をはじめ、様々なコンテンツが掲載されています。
簡単な登録だけで無料で観覧出来ます。 登録にはEメールアドレス、生年月日、国籍を選択し、その下の「send date」アイコンをクリックしていただければ、CRG NEWS MAGAZINEが表示されます。

CRG NEWS MAGAZINEは、海外では定番の電子カタログ共有ツール「issuu」(イシュー)からご覧いただくことが可能です。


2017.06.09

鈴鹿選手権 5/28 ギャラリー アップしました。

20170528_058_s.jpg5.28(日)鈴鹿選手権シリーズ カートレース IN SUZUKA
ギャラリー(1)(2) アップしました。

各クラスのリザルトはこちらから



2017.05.30

全日本 FS、地方、ジュニア 西地区 中山 5.21 ギャラリー アップしました。

20170521_062_s.jpg5月21日に中山サーキットにて開催されました"2017 全日本カート選手権 FS-125、ジュニアカート選手権 FP-Jr, FP-Jr Cadets 西地域 第2戦"  ギャラリー(1)(2) アップしました。

各クラスのリザルトはこちら(全日本カート選手権オフィシャルサイト)からまたはこちら(中山サーキットオフィシャルサイト)から
レース動画は、こちらから(racingkartweb)
全日本カート選手権の最新情報は、全日本カート選手権オフィシャルサイトでもご確認いただけます。


2017.05.24

鈴鹿選手権 4/30 ギャラリー アップしました。

20170430_001_s.jpg4.30(日)鈴鹿選手権シリーズ カートレース IN SUZUKA
ギャラリー(1)(2)(3) アップしました。

AVANTIクラスは、田中哲選手(Y's back yard)Kosmicが優勝、2位に辻元拓馬選手(ハラダカートクラブ)FA、3位に山内拓磨選手(MOMOX KART RACING)Tonykart が入賞しました。

各クラスのリザルトはこちらから


2017.05.12

全日本 OK、FS、地方、ジュニア 東地区 菅生 4.23 ギャラリー アップしました。

20170423_043_s.jpg4月22-23日にスポーツランドSUGOにて開催されました"2017 オートバックス全日本カート選手権 OK 第1戦/ 第2戦、 全日本カート選手権 FS-125、ジュニアカート選手権 FP-Jr, FP-Jr Cadets 東 第1戦"  ギャラリー(1)(2)(3) アップしました。

各クラスのリザルトはこちら(全日本カート選手権オフィシャルサイト)からまたはこちら(スポーツランドSUGOオフィシャルサイト)から

レース動画は、こちらから(racingkartweb)
レースレポートは、こちらから(オートバックス全日本カート選手権)
全日本カート選手権の最新情報は、全日本カート選手権オフィシャルサイトでもご確認いただけます。
BRIDGESTONEPレースレポート
DUNLOPレースレポート
YOKOHAMAレースレポート



2017.05.01

全日本カート選手権 OKクラス開幕戦情報

crg_2017_ban_20170410.jpg4月22日・23日に全日本カート選手権OK開幕戦がスポーツランドSUGO国際公認西コースで開催されます。
今シーズンは下記の4名の選手がCRG KT2を使用し選手権を戦います。 各選手の活躍にご期待ください!

15 児玉和也選手 NEXUS competition  CRG / VORTEX / BS
18 太田格之進選手 SUCCEED SPORTS Jr.  CRG / IAME / DL
19 藤原道長選手 ADVAN HIROTEX  CRG / IAME / YH
28 白石優太選手 Racing Square GEN  CRG / IAME / BS

エントリーリスト、タイムスケジュール等は下記の公式サイトからご確認ください。
スポーツランドSUGO大会情報

また今シーズンからKFクラスからOKクラスへ変更されました。
国際カート委員会(CIK-FIA)のカテゴリー改訂により、2016年からヨーロッパでの国際レースはOKクラスに変更されました。
主な変更点は、セルスターターを使用した始動方法からダイレクトドライブ(押し掛け)になり、フロントブレーキ(ハンド)の使用が禁止され、最低重量が145kgへと変更になりました。

2017年 全日本カート選手権の概要


2017.04.10

鈴鹿選手権 12/18 ギャラリー アップしました。

20161218_049_s.jpg12.18(日)鈴鹿選手権シリーズ カートレース IN SUZUKA
ギャラリー(1)(2) アップしました。

各クラスのリザルトはこちらから


2016.12.28

CIK-FIA Awards Ceremony ギャラリー アップしました。

20161203_vienna_cik.jpg12月3日にオーストリアのウィーンでCIK-FIA Awards Ceremony in Vienna (AUT) が開催されました。
CRGは、Paolo.De Conto選手が2016 KZ World CHAMPIONPedro.Hiltbrand選手が2016 OK World CHAMPION2016 OK European CHAMPIONINTERNATIONAL KZ2 SUPER CUPFabian.Federer選手が2016 KZ2 European CHAMPIONのタイトルをそれぞれ獲得し表彰されました。
 また今季CIK Women in Motorsportに選出され、CIK/FIA AcademyTrophyに参戦していた辻本始温選手は、WIMC&CIK-FIA AWARDを受賞し現地で表彰されました。 その模様をギャラリー (1)(2) へアップしました。


その他の情報はCIK/FIA公式サイトCIK/FIA Championships公式サイトまたはWSK Promotion公式サイトご確認いただけます。


2016.12.07

鈴鹿選手権 11/20 ギャラリー アップしました。

20161120_149_s.jpg11.20(日)鈴鹿選手権シリーズ カートレース IN SUZUKA
ギャラリー(1)(2)(3) アップしました。

AVANTIクラスは、松本 宗悟選手(M TECH SPORTS)ARTが優勝し、シリーズチャンピオンを獲得しました。 2位に三輪 紘之選手(TEAM KEIN,S)CRG、3位に北山 深翠選手(FARM RACING)TONYKARTが入賞しました。
各クラスのリザルトはこちらから


2016.11.24

CIK/FIA WORLD OK CHAMPIONSHIP 11/16-19 ギャラリー アップしました。

20161119_311_s.jpg11月16日から19日までバーレーンで開催されましたCIK-FIA WORLD CHAMPS & CIK-FIA WORLD JUNIOR CHAMPS ギャラリー (1)(2)(3) (Sat)(4) アップしました。

CRGは、OKクラスにおいて Pedro.Hiltbrand選手(CRG/Parilla)が見事なレース運びで優勝、2016 OK World CHAMPIONを獲得しました! 3位にFelice.Tiene選手(CRG/Parilla)、4位にPaavo Tonteri選手(CRG/Parilla)、5位にHannes Janker選手(CRG/Parilla)、6位にTom Joyner選手(Zanardi/IAME)が入賞し上位を独占しました。
CRGがKZのワールドチャンピオンに続き、OKでもワールドチャンピオンを獲得し、2つのビッグタイトルを獲得しました! Pedro.Hiltbrand選手は、自身初のワールドタイトルを獲得し、今季はCIK-FIAヨーロッパOKチャンピオン、CIK-FIA INTERNATIONAL KZ2 SUPER CUP 2016と今回のOKワールドチャンピオンと3冠を達成しました!

各クラスのリザルトはこちらから → OKOKJ

Highlights
Podium
Backstage, Interview

その他の情報はCIK/FIA公式サイトまたはCIK/FIA Championships公式サイトご確認いただけます。


2016.11.23

CIK-FIA WORLD OK CHAMPION 2016 ヒルトブランド選手がワールドチャンピオンを獲得! KZに続き再びビッグタイトルを獲得!

20161119_b01.jpgCIK-FIA WORLD CHAMPS & CIK-FIA WORLD JUNIOR CHAMPSが11月16日から19日までバーレーンで開催され、OKクラスにおいて Pedro.Hiltbrand選手(CRG/Parilla)が見事なレース運びで優勝、2016 OK World CHAMPIONを獲得しました! 3位にはプレファイナルトップでゴールしペナルティを受け20番手から追い上げたFelice.Tiene選手(CRG/Parilla)、4位にPaavo Tonteri選手(CRG/Parilla)、5位にHannes Janker選手(CRG/Parilla)、6位にTom Joyner選手(Zanardi/IAME)が入賞し上位を独占しました。
OKJクラスでは Gianluca.De Castro Petecof選手(CRG/Parilla)が3番手からスタートし、序盤からトップ争いを繰り広げるも残念ながら最終的に5位となりました。 Dennis.Hauger選手(CRG/Parilla)はスタート直後に接触により大きく後退してしまいました。

CRGがKZのワールドチャンピオンに続き、OKでもワールドチャンピオンを獲得し、2つのビッグタイトルを獲得しました!
Pedro.Hiltbrand選手は、自身初のワールドタイトルを獲得し、今季はCIK-FIAヨーロッパOKチャンピオン、CIK-FIA INTERNATIONAL KZ2 SUPER CUP 2016と今回のOKワールドチャンピオンと3冠を達成しました!

また、20日にラスベガス(アメリカ)で開催されたSKUSA SuperNationals XXに出場したPaolo.De Conto選手が優勝しました!

さらにCRG社は、CRGとしての創業開始が1986年から今年2016年で30周年となり、記念すべきセレブリティイヤーとなる2016シーズンを最高の形で終えることが出来ました。


各クラスのリザルトはこちらから → OKOKJ

Highlights
Podium
Backstage, Interview

その他の情報はCIK/FIA公式サイトまたはCIK/FIA Championships公式サイトご確認いただけます。





CRG HAS WON THREE WORLD TITLE!!

CIK-FIA WORLD OK CHAMPION 2016 Pedro.Hiltbrand
CIK-FIA WORLD KZ CHAMPION 2016 Paolo.De Conto
CIK-FIA INTERNATIONAL KZ2 SUPER CUP 2016 Pedro.Hiltbrand



CRG PALMARES 2016

CIK-FIA WORLD OK CHAMPION 2016 Pedro.Hiltbrand
CIK-FIA WORLD KZ CHAMPION 2016 Paolo.De Conto
CIK-FIA INTERNATIONAL KZ2 SUPER CUP 2016 Pedro.Hiltbrand
CIK-FIA EUROPEAN OK CHAMPION 2016 Pedro.Hiltbrand
CIK-FIA EUROPEAN KZ2 CHAMPION 2016 Fabian.Federer
DKM DSKM(KZ2) CHAMPION 2016 Jorrit Pex
DKM DSKC(KZ2 Cup) CHAMPION 2016 Max Tubben
DKM DKM(OK) CHAMPION 2016 Paavo Tonteri
DKM DJKM(OKJ) CHAMPION 2016 Dennis Hauger
ADAC Kart Masters OK CHAMPION 2016 Tim Tröger
ADAC Kart Masters OKJ CHAMPION 2016 Luca Maisch
SPANISH CHAMPION KZ2 Pedro.Hiltbrand
ANDREA MARGUTTI TROPHY KZ2 Giacomo Pollini
JAF Regional championship West FS125 CHAMPION 2016 Jiei Okuzumi
Gold Coast 600 Race of Stars CHAMPION 2016 Paolo.De Conto
SKUSA SuperNationals XX CHAMPION 2016 Paolo.De Conto

2016.11.21

第40回 TOYOTA SLカートミーティング全国大会 琵琶湖 11/12-13 ギャラリー アップしました。

20161112_023s.jpg2016.11.12(土)、13(日) 第40回 TOYOTA SLカートミーティング全国大会 琵琶湖スポーツランド
ギャラリー 11/12(1)(2)(3)
ギャラリー 11/13(1)(2)(3)(4)(5)(6)、 、 (7)(8) アップしました。

YAMAHA-SSレジェンドクラスにて、DR Racing Kartを使用する長内正人選手(Wellstone KC)が優勝しました!

リザルトはこちらから 
SLレースの最新情報は、SLカートスポーツ機構(SL Kart Organization)オフィシャルサイトでもご確認いただけます。
第40回 SL全国大会 特設サイト



2016.11.15

全日本 KF、FS、ジュニア 東西統一最終戦 鈴鹿 10.23 ギャラリー アップしました。

20161023_218_s.jpg10月22-23日に鈴鹿サーキット南コースにて開催されました"2016 オートバックス全日本カート選手権 KF 第9戦、第10戦、 全日本カート選手権 FS-125、ジュニアカート選手権 FP-Jr, FP-Jr Cadets 東西統一最終戦"  ギャラリー(1)(2)(3) アップしました。
KFクラス第9戦では、小高一斗選手(ADVAN HIROTEX)が6位、菅波冬悟選手(SUCCEED SPORTS Jr) CRG/TM/DUNLOP)が7位。
第10戦は、小高一斗選手(ADVAN HIROTEX)が3位に入賞し、YOKOHAMA-ADVANタイヤがドライレースで初の表彰台に上がりました。

各クラスのリザルトはこちら(全日本カート選手権オフィシャルサイト)から
レース動画は、こちらから(racingkartweb)
レースレポートは、こちらから(オートバックス全日本カート選手権)
全日本カート選手権の最新情報は、全日本カート選手権オフィシャルサイトでもご確認いただけます。
BRIDGESTONEPレースレポート
DUNLOPレースレポート
YOKOHAMAレースレポート



2016.10.26

全日本 KF、FS、地方、ジュニア 東地区 菅生 9.18 ギャラリー アップしました。

2016018_304_s.jpg9月17-18日にスポーツランドSUGOにて開催されました"2016 オートバックス全日本カート選手権 KF 第7戦/ 第8戦、 全日本カート選手権 FS-125、ジュニアカート選手権 FP-Jr, FP-Jr Cadets 東 第5戦"  ギャラリー(1)(2)(3)(4) アップしました。
KFクラスは、タイムトライアルで菅波冬悟選手(SUCCEEDSPORTS Jr)CRG/TM/DUNLOP)がポールポジションを獲得。 前回茂原大会に続き2大会連続のポールポジション獲得となりましたが、天候が変わり迎えた第7戦決勝では10位。 小高一斗選手(ADVAN HIROTEX)CRG/TM/ADVANがトップを独走しながらコースアウトを喫し、最終的に3位入賞となりました。 第8戦では、小高一斗選手(ADVAN HIROTEX)が2位入賞しました。

各クラスのリザルトはこちら(全日本カート選手権オフィシャルサイト)からまたはこちら(スポーツランドSUGOオフィシャルサイト)から
レース動画は、こちらから(racingkartweb)
レースレポートは、こちらから(オートバックス全日本カート選手権)
全日本カート選手権の最新情報は、全日本カート選手権オフィシャルサイトでもご確認いただけます。
BRIDGESTONEPレースレポート
DUNLOPレースレポート
YOKOHAMAレースレポート



2016.09.21

2016 MAX Festival 9.11 ギャラリー アップしました。

20160911_013_s.jpg9月10-11日に鈴鹿サーキットにて開催されました"2016 MAX Festival "  ギャラリー(1)(2)(3) アップしました。


2016.09.14

CIK/FIA WORLD KZ CHAMPIONSHIP 9/1-4 ギャラリー アップしました。

20160904_434_s.jpg9月2日(金)から4日(日)までKristianstad(スウェーデン)にて開催されました、CIK-FIA WORLD KZ CHAMPS, CIK-FIA INTERNATIONAL KZ2 SUPER CUP & CIK-FIA KARTING ACADEMY TROPHY (Round 3) ギャラリー 9/1 (Thu)9/2 (Fri)9/3 (Sat)9/4 (Sun)①9/4 (Sun)② アップしました。

各クラスのリザルトはこちらから → KZKZ2ACADEMY

その他の情報はCIK/FIA公式サイトまたはCIK/FIA Championships公式サイトご確認いただけます。


2016.09.08

CIK/FIA WORLD KZ CHAMPIONSHIP デ・コント選手がワールドチャンピオンを獲得! KZ2は、CRG1-2-3-4フィニッシュ!

20160904_06.jpgCIK-FIA WORLD KZ CHAMPS, CIK-FIA INTERNATIONAL KZ2 SUPER CUP & CIK-FIA KARTING ACADEMY TROPHY (Round 3)が9月2日から4日までKristianstad(スウェーデン)で開催されKZクラスにおいて Paolo.De Conto選手(CRG/TM)が2016 KZ World CHAMPIONを獲得しました! 5位にSimo.Puhakka選手(CRG/TM)、6位にArnaud.Kozlinski選手(CRG/TM)が入賞。
KZ2でも Pedro.Hiltbrand選手(CRG/MAXTER)が優勝、2位にFabian.Federer選手(CRG/MODENA)、3位にPersson.Benjamin.Törnqvist選手(CRG/TM)とCRGで表彰台を独占し、さらに4位にはFelice.Tiene選手(CRG/TM)が入賞、CRGが1-2-3-4フィニッシュを飾り、なんとCRGがKZ、KZ2両クラス制覇と言う偉業を成し遂げました!
CRG勢はKZKZ2クラス共に、フリープラクティスから好調な仕上がりを見せ、中でもDe Conto選手はクウォリファイングプラクティス、ヒート、プレファイナル、ファイナルと全てトップチェッカー、勢いが衰えることなく他を圧倒したまま完勝しました! CRGとしては昨年に続き2年連続のワールドチャンピオン獲得となりました。 De Conto選手にとっては昨年惜しくもチャンピオンを逃したので、悲願の初KZワールドタイトル獲得となりました。
87台が出場したKZ2クラスでも、Hiltbrand選手がクウォリファイングプラクティス、ヒート、プレファイナル、ファイナルと全てトップチェッカーでINTERNATIONAL KZ2 SUPER CUPのタイトルを獲得し、さらにはCRGで上位を独占しました。 
 またCRG社は、CRGとしての創業開始が1986年から今年2016年で30周年となり、記念すべきセレブリティイヤーを最高の形で迎える事が出来ました。
併催で行われたCIK ACADEMYクラスでは、日本から辻本始温選手と塚田海斗選手が出場。
塚田選手はプレファイナル6位からファイナルは9位でチェッカー。 辻本選手はプレファイナルで接触によりリタイヤを喫し、ファイナルは最後尾から20位までポジションを上げチェッカーとなりました。

各クラスのリザルトはこちらから → KZKZ2ACADEMY

その他の情報はCIK/FIA公式サイトまたはCIK/FIA Championships公式サイトご確認いただけます。





CIK-FIA WORLD KZ CHAMPION 2016 Paolo.De Conto

CIK-FIA INTERNATIONAL KZ2 SUPER CUP 2016 Pedro.Hiltbrand

CRG HAS WON TWO WORLD TITLE!!


CRG PALMARES 2016

CIK-FIA EUROPEAN OK CHAMPION 2016 Pedro.Hiltbrand

CIK-FIA EUROPEAN KZ2 CHAMPION 2016 Fabian.Federer

CIK-FIA WORLD KZ CHAMPION 2016 Paolo.De Conto

CIK-FIA INTERNATIONAL KZ2 SUPER CUP 2016 Pedro.Hiltbrand


2016.09.07

全日本 FS、地方、ジュニア 西地区 中山 8.28 ギャラリー アップしました。

20160828_173_s.jpg8月28日に中山サーキットにて開催されました"2016 全日本カート選手権 FS-125、地方カート選手権 FS-125,FP-3 、ジュニアカート選手権 FP-Jr, FP-Jr Cadets 西 第5戦"  ギャラリー(1)(2)(3)(4) アップしました。
地方FS125 クラスは、奥住慈英選手(TEAM MOTOYAMA)がポールトゥウィンで、シリーズチャンピオンを獲得しました。 2位に⾼⽊悠帆選手(MEIJU RACING)が入り、CRG1-2フィニッシュ!!
FP-Jrクラスは、佐々木悠翔選手(ATEAM motorsprt)が3位となりました。
各クラスのリザルトはこちら(全日本カート選手権オフィシャルサイト)から
レース動画は、こちらから(racingkartweb)



2016.08.29


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11



Copy © CRG JAPAN
All Rights Reserved.
CRG JAPAN( 株式会社ナガハラサービス )
本社
〒520-0363 滋賀県大津市伊香立下竜華町673-1 琵琶湖スポーツランド内 tel 077-598-2700 fax 077-598-2783
名古屋支店
〒452-0811 愛知県名古屋市西区砂原町410 ACTビル1F tel 052-506-8522 fax 052-506-8532

CRG JAPANは、イタリアのレーシングカートメーカー「CRG」の正規輸入代理店です。
商品の仕様・価格は予告なく変更する場合がございます。
また変更があった場合でも、サイトの更新が遅れる場合がございますのでご了承ください。
当社は卸販売専門となっております。ご注文及び商品の取扱、詳しい内容等は、全国販売店様にお問合せ下さい。