Japanese English Italian Spanish French German
HOME > 取扱商品 > > CRGの歴史

CRGの歴史


story.jpg

CRG社の歴史

CRGの歴史は古く、1970年代にさかのぼります。
CRGの前身とも言えるKali-Kart社の創設者カロジェロ・バナリア氏が60年代にドライバーとして活躍した後、1970年にKali-Kart社を設立。
設立から、こだわった物作りと、妥協を許さぬ職人気質な熱意で、いい製品を作り出していき、70年代後半から80年代にかけて、多くのタイトルを獲得するようになりました。

1986年に名称をKali Kart/CRG(Kali Kart by CRG)とし、CRG が誕生しました。
CRG の名称の由来は、カロジェロ氏の子息達の名前、Carlo(カルロ)、Roberto(ロベルト)、Giancarlo(ジャンカルロ)の頭文字を取りCRGとしました。
カロジェロ氏の子息達は、Carlo.Vanaria(カルロ・ヴァナリア)、Roberto.Vanaria(ロベルト・ヴァナリア)、Marina.Vanaria(マリーナ・ヴァナリア)ですが、MではなくGだという理由は、マリーナ氏の夫のGiancarlo.Tinini(ジャンカルロ・ティニーニ)氏の頭文字をとったからです。
以後全ての部門がその新しい会社CRG 社に一本化され、ジャンカルロ・ティニーニ氏が会社を統括していくようになりました。 

また、この頃には世界中で70を越すディーラーを超え、国際的にも有名なメーカーへと成長していきました。
その後も徐々にインポーターの数を増やし、その規模を拡大していきました。
80年代には国際レースへも積極的に参戦し、数度のワールドチャンピオンを獲得するようになり、CRGはその頭角を現していきました。

1990年代に入り、CRGはますますその力を大きくしていきます。
1991年CRG 製品のテスト開発及びレース活動を行うレーシングチーム部門「dam race」を発足。
名前の由来はその当時のメカニックDino.Chiesa(ディノ・キエーザ)、Armand.Filini( アルマンド・フィリーニ)、Marina.Vanaria(マリーナ・ヴァナリア)の名前の頭文字をとってdam と名付けました。
この部門での活動によって、CRGは多くのタイトルを獲得し、その成果は製品にフィードバックされました。
また、ダニーロ・ロッシに代表されるドライバー達の台頭により、数多くの国際レースでタイトルを獲得していきました。

1995年には、CRG ENGINE を発表しました。 CRG 社が自社でエンジンの製造開発販売を行うようになりました。
その後もCRGは躍進を続けました。

2000年CRGは、エンジン部門の会社と生産刷新、更なる向上のため、別会社を作ることを決め、CRG 社が出資する MAXTER 社が設立されました。
チーム部門のdam race は閉鎖され、CRG Racing として新たにスタートを切りました。

2003年には、TININI グループ(CRG s.p.a とMAXTER s.r.l)として、会社を刷新しました。
また、カルロ・ヴァナリア氏は、部品製造会社PRIMATIST を立ち上げ、エンジンパーツの製造を始めました。
後にPRIMATIST は、Tinini Group の傘下に入り、Belotti.Sandro(ベロッティ・サンドロ)氏が軸となって、精度に拘った部品開発と製造を行っています。

新社屋の建築も始まり、2009 年から新社屋への移動も開始し、2010 年に全ての機材等の移動も完成しました。

CRG社は、設立当初より現在に至るまで、こだわった物作りと、妥協を許さぬ職人気質な熱意、そして最新鋭の設備と最高水準の技術をもってCRG製品を世に送り出し、勝利を探求し続けています。 
CRG 社は、現在も拡大し続けており、レーシングカートの世界有数のトップブランドとして君臨し、新たな歴史を作り続けています。




歴代のオフィシャルドライバー

Kali-Kart社時代のドライバーは、80年代にGabriele.Tarquini、Jorn.Haase、Ivan.Mullerなどが活躍、80年代中盤から後半にかけて、Michele(Mike).Wilson、Alessandro.Zanardi、Emanuele.Collard、Gianni.Morbidelli、Michael.Schumacherなどの往年の名選手達が活躍をしました。

90年代に入りCRGはさらに多くのドライバーと多くのタイトルを獲得していきました。
主なドライバーは、Danilo.Rossi、Alessandro.Manetti、Jan.Magnussen、Gianluca.Beggio、Alessandro.Piccini 、"Lotta" Charlotte.Hellberg、 Jos.Verstappen Sophie-Marie.Kumpen、Guy.Smith、Tom.Kristensen。

90年代中盤になるとGiorgio.Pantano、Ennio.Gandolfiなども活躍、90年代後半には、 Vitantonio.Liuzzi、Ryan.Briscoe、Jose.Maria.Lopez、Augusto.DosSuntos(Farfus)、Cesar.Campanico、Patric.Longなどの選手が活躍していきました。
その他にも、Kimi.Raikkonen、Robert.Kubica、Giancarlo.Fisichella、Ralf Schumacher、Nick.Heidfeld、Andre'.Couto、 Roberto.Toninelli、Marco.ArdigoなどのドライバーもCRGでの参戦経験があります。

2000年代は、Lewis.Hamilton、Nico.Rosberg、Giedo. Van Der Garde、Wade.Cunningham、Alexander.Sims、Henkie.Waldschmidt、Jonathan.Thonon、Nico.Hulkenberg、Sebastien.Buemiなどの選手が活躍しました。

近年ではJonathan.Thononに加え、Arnaud.Kozlinski、Davide.Fore、Max.verstappenなども加わり現在に至ります。




CRGについて

CRG 獲得タイトル、歴代チャンピオン一覧



Calogero Vanaria

JORN HAASE

GABRIELE TARQUINI

ALESSANDRO ZANARDI

MICHAEL SCHUMACHER

MIKE WILSON

ALESSANDRO ZANARDI

MIKE WILSON

MIKE WILSON

DANILO ROSSI

DANILO ROSSI

Giorgio.Pantano and Vitantonio.Liuzzi

DANILO ROSSI

DANILO ROSSI

Vitantonio.Liuzzi

Alessandro.Manetti

Wade.Cunningham and Vitantonio.Liuzzi

Jonathan.Thonon

Jonathan.Thonon






Copy © CRG JAPAN
All Rights Reserved.
CRG JAPAN( 株式会社ナガハラサービス )
本社
〒520-0363 滋賀県大津市伊香立下竜華町673-1 琵琶湖スポーツランド内 tel 077-598-2700 fax 077-598-2783
名古屋支店
〒452-0811 愛知県名古屋市西区砂原町410 ACTビル1F tel 052-506-8522 fax 052-506-8532

CRG JAPANは、イタリアのレーシングカートメーカー「CRG」の正規輸入代理店です。
商品の仕様・価格は予告なく変更する場合がございます。
また変更があった場合でも、サイトの更新が遅れる場合がございますのでご了承ください。
当社は卸販売専門となっております。ご注文及び商品の取扱、詳しい内容等は、全国販売店様にお問合せ下さい。